ウォーターサーバーのデメリット

ホームへ戻る >  天然水はなぜ美味しい  > ウォーターサーバーのデメリット

家庭でも会社でも、飲みたいときにいつでも美味しい水が飲めるウォーターサーバーのレンタルが人気です。まだ導入していない人でも、水道水の不安やペットボトルの水を毎回買いにいく手間などを考えると、どんなものか興味を持っていることが多いようです。ウォーターサーバーをレンタルして宅配水を飲むことのメリットはよくいわれていますが、デメリットはあるのでしょうか。

ウォーターサーバーは、デメリットはあまり少ないといえますが、費用のことが挙げられます。まずは、ウォーターサーバーのレンタル料がかかってしまいます。ただし、最近はレンタル料が無料のところも出てきていいます。水の料金は12リットルのボトルですとだいたい1,500円から2,000円くらいになっています。例えば、4人家族ですと1ヶ月の使用量は4・本と考えると、1ヶ月にボトルでかかる費用は6,000円から10,000円くらいになります。水道の水を飲料水としている場合は大きな出費になるでしょう。・


ただし、最近は水道の水の健康的不安やカルキのにおいがしてまずいなどの問題があり、飲み水として使っているところは少ないといわれています。ペットボトルを飲料水として買っている場合と比べると、ウォーターサーバーのレンタルは安く済む場合が多いのです。ウォーターサーバーには、こういったあえて出すようなデメリットはありますが、それ以上のメリットが多いので、あまりデメリットとして考える必要はなさそうですね。