注文住宅と工務店選び

ホームへ戻る >  インプラントの値段の違い  > 注文住宅と工務店選び

工務店は注文住宅の理想的な依頼先と言われています。地元密着のきめ細かなサービス、施主の希望に合わせた自由設計、長年の付き合いによるメーカーからの資材や設備の格安の調達など。希望の家造りに適した状況が整っているからです。しかし工務店ならどこでもよいというわけにはいきません。注文住宅を建てる際には工務店選びにも注意を払う必要があるのです。


ではどのようなポイントに目を向ければよいのでしょうか。まず基本中の基本、建設業法による許可を得ていること。あまり心配することはありませんが、無許可の業者の存在も考えられますから、一応確認しておきましょう。それから専門の資格者がいること。家を設計し、建てるのに相応しい資格を備えた従業員がいるのかどうかもチェックしておきたいところです。

また、重要なポイントとしては経営状況も挙げられます。厳しい経済状況が相次いでいる現在、小規模の工務店は苦戦を強いられ倒産に追い込まれるケースが増えています。工事を行っている途中で倒産してしまった、などといった事態に巻き込まれないよう、経営状態にも突っ込んで確認しておくようにしましょう。もうひとつができるだけ家を建てる場所に近い工務店を選ぶこと。工事修了後に万一問題が発生した場合に迅速に対応してもらうためです。


あとは注文住宅に対してどの程度のノウハウを持っているか。バリアフリーやユニバーサルデザインといった最新の設備に関する技術を持っているか、あるいは施主の希望に添える設計力・技術力を持っているか。これは過去の施工例をチェックして調べる必要があるでしょう。よい工務店と出会えるかどうかが注文住宅の成否の鍵を握るといっても過言ではないはすです。