注文住宅のコストについて

ホームへ戻る >  インプラントの値段の違い  > 注文住宅のコストについて

注文住宅といえばまず「お金がかかる」というイメージがもたれがちです。自分の希望・理想を取り入れてもらえばもらうほど、こだわればこだわるほど費用がかかるのは当然というわけです。確かに建売住宅に比べれば費用は高くなりますが、必ずしも希望を取り入れればいれるほどお金がかかるわけではありません。注文住宅ならではのコスト調節も可能なのです。


家を建てる際にはさまざまな面でお金がかかります。たとえば材料費と人件費。つまり資材のコストと工事の手間を減らせば減らすほど総費用を削減することができるのです。ですから外観をシンプルにする、間仕切りをなるべく少なくするといった工夫をすればその分資材を少なく、工事が少なくなることでコストを削減することができるのです。とくに注文住宅では開放的な空間造りが重要なテーマとなっていますから、コストとの兼ね合いも考えた上で検討したいところです。

それから資材や設備の選択。安い資材や設備を使用すればその分コストを安く済ませられます。住宅すべてを安く済ませるのではな、充実させたい部分は高い資材を、そうでない部分には安い資材を選択することで細かいコスト調節も可能なのです。設備も同様で、トイレや洗面所、浴室など場所と設備のこだわりを決めておくとよいでしょう。また、建設会社と付き合いのあるメーカーの資材・設備を選ぶことで安く調達できる部分もあります。事前に建設会社とよく話し合っておくとよいでしょう。


このように、自由だからこそ細かく予算を削ることができるのも注文住宅の大きなメリットです。ぜひこれを活かしつつ理想的な家造りを実現するようにしましょう。