相手のことを聞く英会話の文例

ホームへ戻る >  インプラントの値段の違い  > 相手のことを聞く英会話の文例

相手のことを知っていれば、会話も弾みやすくなります。相手のことを聞く英会話の文例を、いくつかマスターしておいて、英語圏のネイティブスピーカーと話すときは、どんどん相手に質問していきましょう。 


たとえば、「あなたの身長は?」と聞きたいときは、"How tall are you?"です。これで、相手が自分の身長について答えてくれます。だいたい、こちらより相手の方が高いでしょうから、Wow!などと言って大げさに驚いてみましょう。きっと相手は気分を良くしてくれるはずです。相手の年齢を聞きたいときは"How old are you?"です。ここらへんは、中学の英語の授業で習ったはずですが、いざ実践の場に出て使おうと思うと、なかなか出てこないものです。ネイティブスピーカーと話す前の日には、中学の教科書を、もう一度開いておくといいかもしれませんね。

「その映画を見ましたか?」と聞きたいとき、日本人的な感覚で英会話の文例を作ろうとすると、ただの過去形にしてしまいたくなりますが、ここは現在完了形にしましょう。"Have you seen the movie?"というのが英会話の正しい文例です。the movieの代わりに、あなたが尋ねたい映画の名前を入れてもいいし、Have you seen the movie,と、カンマを入れて、そのあとに名前を続けても良いですね。映画は、会話が盛り上がりやすい話題なので、どんどん使いたいです。