注文住宅を建てるスケジュールについて

ホームへ戻る >  NPO設立と事業  > 注文住宅を建てるスケジュールについて

家を建てる際にはきちんとした手順を踏んだ上で計画を進めていく必要があります。注文住宅となると、さらに綿密なスケジュール設定が求められます。設計段階から希望を反映してもらうことになるため、より手間と時間がかかるケースが多いのです。


注文住宅のスケジュールでまず重要になるのが2点、工事を依頼する建築業者の選択と打ち合わせです。注文住宅のノウハウを持った業者に依頼することはもちろんですが、どんなデザイン・設備を求めるかによって得意・不得意も出てきます。この点は依頼前の相談と依頼後の打ち合わせの段階でしっかりと詰めておくことが求められるのです。なお、打ち合わせでは予算に関しても明確に表示しておく必要があります。

打ち合わせが終わると、業者が初期段階のプランを提示してきます。そのうえで土地の調査や総費用の見積もりを行い、最終的にプランを確定することになります。そしてその土地でプラン通りの家を建てられるかどうか、建築確認申請を行い、それが通ると氏請負契約となります。


ここまでの段階で注文住宅の全貌がほぼ決まることになります。契約後に変更を希望すると追加費用や工事の延長が必要になる場合もあります。ですから契約前に家族全員でよく話し合い、納得しておくことが求められます。


また、工事費用の支払い時期にも注意が必要です。通常は契約時、上棟式、最終的な引渡しの3段階に分けて支払いが行われます。その比率やタイミングも確認したうえで資金計画を練っておきましょう。後悔しない注文住宅を建てるために、スケジュールの内容はあらかじめ把握しておきたいものです。