工務店の技術力

ホームへ戻る >  NPO設立と事業  > 工務店の技術力

一般的な家屋を建てる際に依頼することになる中小の工務店は、信頼性もそうですが、技術力にも大きなばらつきが存在します。こうした中小工務店の技術力を見る方法は幾つかあります。まず一つが、自分の依頼する家屋の種類と、その工務店が得意としている分野が一致しているかどうかです。大規模な建設業者であればともかく、少人数で営業している場合は、必ずある程度の得意分野の偏りが存在します。HPなどでそういった得意分野のPRをしているところは分かりやすいですし、その分野に自信があることも伺えます。


また、元が建具屋であるなら建具関連、内装設備業者であるならキッチントイレなどの内装設備が得意と、それぞれの前身が何であるかによってもある程度の推測はできます。当然、担当者や会社に直接「得意分野はなんですか」と聞いてみるのも良いでしょう。はっきりした分かりやすい答えが返ってくるかどうかでも、会社の技術力への自信や、説明の力が読み取れますので損にはなりません。

可能ならば一番参考になるのが、過去に施工した住居を見せてもらうことです。これは知り合いでその工務店に依頼した人がいると話が早いです。家の全体の出来上がりや、細部の仕上げもそうですが、時間が経ってから問題が出ていないか、引渡しまでにトラブル等は無かったかなどを聞けると大変参考になります。もっとも。これが出来る場合は、「依頼先候補を決めてから良いかどうかを調べる」というより、「知り合いや友人、親戚などで家を建てた人に話を聞いて、クチコミで良い業者を紹介してもらう」という方が多いかも知れません。