英会話を勉強する目的

ホームへ戻る >  NPO設立と事業  > 英会話を勉強する目的

日本人が英会話が出来ると嬉しいな、と感じるのはどんな場面でしょうか?例えば、海外旅行に行った時に現地の人と会話出来るようなりたい、留学するために必要、仕事やスキルアップのために英会話が出来ると嬉しい、など色々あるのではないでしょうか。こうした様々な動機に合わせて、英会話の勉強方法に違いはあるのでしょうか。


英語を話すという側面で見れば、同じ勉強方法で構わないのでは?と考えている方もいますが、決してそんなことはありません。例えば、海外旅行へ行くなら、比較的文法も簡単で、使いまわしが効くフレーズを重点的に勉強します。これに対して、仕事で英語を使うとなると、ビジネス英語で利用されやすい英単語や丁寧な表現、そして会話上のポイントを勉強する必要があります。

つまり、目的に応じて勉強する英語内容が変わり、教材やスクールも適切に選ぶことが大切です。これから、英語を勉強してみようと考えている方は、自分がどんな目的で英会話を勉強するつもりなのかを良く考え、その上で必要な教材やスクールを選ぶように心がけてみましょう。


尚、教材やスクールは目的別に用意されているケースと、総合的に対応しているケースに分かれます。最初は目的別に教材を選び、全体な補完やちょっとした豆知識を得たい場合に総合的な文法書を1冊持っておくと、安心して英語勉強が出来ます。これにより、全体的なレベルを上げることにも繋がりますし、他の目的で勉強したくなった時でも同じ文法書で対応出来るので、とてもオススメです。