歯列矯正の方法

ホームへ戻る >  工務店の口コミ情報  > 歯列矯正の方法

歯列矯正を行う方法は様々ですが、基本的な考え方としては「歯に力を掛け続けて徐々に動かしていく」というものです。その力が強ければ強いほど歯は早く動いていきますし、逆に弱ければ少ししか動きません。もちろん、強い力をかければそれだけ歯に負担がかかりますから、痛みが強くなることになります。


では、最もスタンダードなワイヤー矯正を例にして歯列改善の方法を説明していきましょう。まずワイヤーをかけるアンカーを確保しなければなりません。従来の方法では比較的動きにくい奥歯にワイヤーをかけてテンションをかけます。厚めのゴムを奥歯に挟み、アンカーを入れる場所を確保し、金属製のアンカーを入れます。その後、ブラケットを歯に装着し、ワイヤーを通すわけです。ワイヤーに張力をかけると、歯が押されて正しい位置に動き始めます。ただ、あまり強い張力をかけるとアンカー役の奥歯も動いてしまったり、痛みが激しくなったりする場合がありますから、適度に張力をかけ、歯が動いてテンションが下がったらまたワイヤーを調整してテンションをかけます。これを繰り返すことで歯を矯正していくのです。

この派生系として現在人気が出始めているのがインプラントアンカーを使った方法です。これは奥歯をアンカーに使う替わりに、インプラントを埋め込みます。骨に直接埋め込んだアンカーなので、強度が高く動く心配が要りません。また、抜歯が不要、治療期間が短くなるなどのメリットがあるようです。