賃貸で、西向きの部屋はダメ?

ホームへ戻る >  NPO設立するには?  > 賃貸で、西向きの部屋はダメ?

賃貸の部屋を探す際、出来るだけ家賃が安いに越したことは無いのですが、家賃が安い部屋の一つに、西向きの部屋があります。通常は、賃貸のマンションなどでも、東向きの部屋の方が、家賃は少し高めになるものです。西向きの場合、まず、西日が入ることが、嫌われる理由でしょう。特に夏は、かなりの暑さになったりしますし、家具類も日焼けする恐れがあります。


実際、賃貸マンションなどで西向きの部屋に住んでいる人でも、洗濯物も、乾きが悪い、という声もあったりします。このため、冷房の電気代が多少はかかるようです。遮光カーテンなどをかける工夫も必要となります。午後に日差しが良く入るので、朝が遅く、夜型人間の人は、あまり苦にならないかもしれません。

物件によっては、西向きの部屋のほうがより凝った間取りだったり、間口が広かったり、バルコニーの奥行きがあったり、全体的に少し広めなど、良いところをもっている場合もあります。西向きは、午後の日照時間が長く、特に高層階だと日没までしっかり日が差します。部屋の奥まで日が差して来ることもあり、また日没後の冷え込みが緩いというメリットもあり、冬季は暖房を節約できる可能性もあります。


ふとんの天日干しも、西向きのほうが長時間日光に当てることができます。洗濯物も長い時間日に当てることができますし、洗濯の時間がちょっと遅くなってから干しても、乾きやすいものです。午後2時以降に実際に部屋の感じを確かめてみると良いでしょう。家賃、周辺の環境なども加味して、考えてみることです。