NPO設立するには?

ホームへ戻る > NPO設立するには?

入れ歯安定剤について
インプラントのセカンドオピニオン
子犬の上手な接し方
賃貸で、西向きの部屋はダメ?
土地活用の注意点

NPO設立するには、まず、NPO法人の事務所の近くの管轄官庁に申請書や定款、設立趣旨書などの申請書を提出し、市民への縦覧期間を経て、4ヶ月以内に認証が出てくるのが基本的な流れになります。それから認証後、法務局へ登記して法人設立完了です。もし専門家を入れないで自分で行う場合には、管轄官庁へ相談に行き、指導を仰ぎながら申請書を一から作成するので、約半年程度かかることが多いようです。


専門家を挟むのと挟まないのとでは、やはり、期間に大きな開きがありますので、余裕があるのであれば、専門家を挟んだ方が確実でしょう。

また、申請が通ってからのこともしっかりと考えなければなりません。通常の会社も同じですが、税金対策は面倒でもしっかりとしておくべきだと思います。自分で税金の管理をしても良いのですが、やはり、仕事を優先と考えると税理士を雇った方がよいでしょう。これは、NPO設立でも同じことがいえます。非営利組織といえど、しっかりと金銭の授受は発生するので、対策は立てておきましょう。


また、申請が通ってからが実際の勝負なので、気を抜いてはいけません。特にNPO設立の場合は、条件も特殊ですし、社会的使命も通常の会社とは違ったものになっています。使命がしっかりと決められている以上、その道から逸れずに目標を定め、邁進するべきです。もし、目標が外れてしまうようであれば、しっかりと基礎部分を見直しましょう。NPO設立に浮かれずしっかりと頑張りましょう。