外科での歯列矯正治療

ホームへ戻る >  噛み合わせ治療の前に  > 外科での歯列矯正治療

歯並びの状態歯並びの状態が極端に悪い場合、ブラケット装置などでは矯正の効果が得られない場合があります。そんな場合には、外科手術によって治療が行われる場合もあります。


この外科治療のポイントとなるのは保険適用が可能になるケースもあること。治療内容にもよりますが、矯正そのものにも保険が適用される場合もあります。また、装置による矯正よりもずっと高い効果が期待できます。


外科治療では顎の骨を切ることで歯を動かす措置が行われます。そのためかなり大規模な手術が必要となります。手術は全身麻酔で行われ、終了するまで2~3週間程度の入院が必要となります。また、術後しばらくの間は腫れや麻痺が発生します。腫れに関しては最終的におさまるまで1ヶ月程度、長い場合には半年くらいかかる場合があります。

銀座の矯正
http://www.ginza-east.com/

なお、外科による歯列矯正の場合、いきなり手術を行うのではなく、まず従来のブラケット装置などである程度歯並びを整えた後に行うケースが多くなります。その場合は期間もそれなりに長くなります。また術後の保定も重要で、リテーナーを使用した措置が1年程度行われます。


このように、患者にとっては大きな負担を余儀なくされる治療方法ではありますが、その分高い効果を期待することができる選択肢となっています。入院の必要性や麻酔の不安などクリアすべき問題はありますが、極端に歯並びが悪い場合、日常生活に支障をきたしているケースが多いもの。それだけに思い切って手術に踏み切るという選択肢も必要となるでしょう。

銀座の矯正
http://www.ginza-east.com/